東京・浅草にこの夏オープン予定のサウナ施設、「SAUNA RESET Pint 浅草店」。SAUNA BROS.では、9階建てで全29室もの個室サウナを備えるという、まさに日本一の“個室サウナタワー”と呼びたくなるそのPintさんの工事・建設に密着し、“サウナができるまで”を追ってきましたが……。なんと、ついに「ほぼ完成に近づきました。もう少し調整が必要なのですが…ご覧になりますか?」とのご連絡が! もちろん「見せてください!」と即答し、駆け付けた編集部員の目の前に広がっていたのは――サイコーな光景でした!!

<もし未読の方は連載#1連載#2連載#3連載#4連載#5連載#6もぜひ併せてお読みください!!>

浅草駅から徒歩数分。いつもの道を通って歩いてきた我々でしたが、そこには見慣れた建物ながら、いつもとは違う雰囲気の「Pint」のビルが。「どこが違うのかな」と見上げたら、ピン! と来ました。

はい。9階のエントランスに続くエレベーターの前です。前回まではなかった「SAUNA RESET Pint」のロゴが誇らしげに……! いやぁ、いいですね。クールです。よく見れば外観の数か所に同じくこのロゴが。気分が一気に高まってきました!

◆9階のエントランス&レセプションも……広々!

これまでと同様、9階のレセプションまでエレベーターで上がります。ドアを開いて目に飛び込んできたのは……。

ぬくもりの感じられる木の壁にあつらえられた白いロゴ。居心地の良さと、清潔感をもうすでに感じてしまいます。

まだ什器やシステムの据え付けと最終調整の真っ最中ではありますが、見てください! まるで、ホテルのフロントかと思ってしまうほど洗練された雰囲気です!!

向かって左側は、靴を入れるロッカーですが、高さのあるBOXも、いくつも設けられていますね。女性の皆さん、丈のあるブーツを履いてきても安心です!!

右手の壁には、傘立てが仕込まれていました。めちゃめちゃかっこいいですね。限られたスペースを広々と使うこの工夫。ひとつひとつにカギがかかるようになっているので、取り違えなどの心配もありません!

フロントへ進んでこちらを渡され、思わず「おおぉ~っ!」と声を出してしまいました。ご存じの方も多いと思いますが、サウナ愛好家でも使っている方が多いこちらのスマートウォッチをカギがわりに使うんだそうです(バンドの部分をロッカーのキーセンサーにかざすとロッカーが開閉できるシステム)! 

試しに動画も録らせていただいたので、のちほど「実演」風景をお楽しみください。

ちなみに、このスマートウォッチですが……もちろん時計としても使えるので、時間が気になる方は、こちらを使っていただけます。心拍数を測る機能などもあるので、それも使えたらめちゃくちゃいいな、なんていろいろと思いをめぐらせてしまったのでした。

このフロントでチェックインの受付を済ませ、簡潔だけど丁寧な館内の案内と説明を受けた後、いよいよサウナフロアへと移動するのですが……その前に目に飛び込んできたのがこちら。

こちらも現在、仕上げの真っ最中ですが、ドリンクなどが提供されるカウンターです。このカウンターの前、そして階段を下りた8階の一部に、やはり広々とした、浅草の街を一望できるラウンジが広がっています。男女共用で使用できるのはこのラウンジエリアだけなので、カップルやご夫婦で来られた方は、ここで待ち合わせなどをすると便利かも。ゆっくりくつろげるファニチャーが用意されるそうです。いろいろとユーザーのことを考えられていますね。いやぁ、まだこのレセプションフロアをちょこっと見ただけですが……早くも至れり尽くせりな感じに、心も体もときめいています!!

◆ロッカールームにパウダーエリアも、めちゃくちゃ快適&機能的!

さて、このPintさんでは男女ともそれぞれ2フロアずつが“サウナ用のフロア”、各1フロアが、サウナ入浴後の“くつろぎ用のフロア”になっています。ということで、ここからはサウナ用のフロアを見させていただきます!

8階には、女性用のロッカールームとパウダーエリア、それとサウナエリアがあるのですが(男性のロッカールームは7階)、まずはロッカールームからご案内。

はい。いいですね~。背の高いロッカーもきちんとあります。通路も広めでストレスを感じません。

かたわらには、貴重品BOXも! 安心、安心!!

先ほど少し触れましたが……フロントでチェックインした際に渡されたスマートウォッチのバンドがロッカーキーになっています。さて、唐突ですが、このタイプの電子錠で、カギを中に入れたまま扉を閉めたら自動でロックされてしまった、なんていう経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

私は何回かあります(笑)。実はこちらでは、そんなことのないように開くときも閉じるときもかざすように設定されています。

動画も撮ってみました。

ね、すごいでしょ? 私はものすごく感動しました、はい!

このロッカールームで館内着に着替えて、それぞれお目当ての個室があるフロアに向かっていきます。フロアに着いたら、そこにもう1度脱衣エリアがあり、そちらで館内着を脱いでサウナを満喫するスタイル。いやぁ、サウナ室はどんな感じに仕上がっているのか……ワクワクしますね。

と、その前に。ロッカールームの隣にパウダーエリアがありましたので、そちらも見学させていただきましょう。

いいですね~。いやぁ、この言葉しか出てきません。シンプル&クリーン! この鏡ですが、真ん中あたりのやや下部に白い光が写っているの、見えますでしょうか? ここに①鏡の縁にあるライトの明るさを調節できるボタンと、②曇りを払うボタン、が仕込まれてるんです。

そしてもう一つ注目なのが(下の写真だとわかりやすいですが)、イスの背もたれの高さ! 実はこれ、座ると背後にいる人が気にならないように、視界をさえぎるパーテーションのような役割の効果を狙っていらっしゃるそうです。いやいやいや。いいですね~。実に素晴らしい!

ドライヤーも髪にダメージのない、そして髪がツヤツヤになる……あのドライヤーです!

◆個室サウナ、ついにベンチも完成!ストーブ上にストーンも積まれました

さて、サウナ室を見させていただきましょう。過去の記事でもリポートしてきましたが、Pintさんでは「個室サウナ」がズラリと並びつつ、共用のシャワースペース&水風呂と休憩エリア(内気浴&外気浴の両方があります!)がある一方で、「サウナ室」「シャワー&水風呂」「休憩スペース」を全部備えた(独り占めできる)「VIPサウナ」があります。

はい! こちらが個室サウナが並んだエリアです。これは男性用フロアなのですが、このように等間隔で、完全に「個」になれる部屋がズラリ!

このように各個室の横にはスマホが設置されていて、予約した方がどの部屋に行けばいいか、何時から使えるか、などがすぐに分かるようになっています。小物などを置いておける棚も、あるととても重宝なもの。ありがたい心遣いですねぇ…。

では、試しに……一部屋、ドアを開けさせてもらいましょう!

ドーン! はい、もう最高です。ベンチの座面もきれい(座っていて熱くなり過ぎないアバチ材です)で、そして広い! 十分にリラックスできますし、個室なので横になるのももちろんOK。ベンチの下から漏れる間接照明の灯りだけなので、明るさ(暗さ)も、実にイイ感じです!!

覗き込むと、いました! SAWO社製のパワフルなストーブが! まだスイッチは入っていませんが、熱さを想像すると、そしてロウリュしたときの音や蒸気をイメージすると……たまりませんねぇ。。。

別の扉を開いてみると……また少し違ったレイアウト。このように個室ごとに少しずつ表情が違うのも面白いですね。何度リピートしても、新鮮に楽しめそうです。

実はこの2部屋は男性フロアの個室なのですが、女性フロアの「個室サウナ」には少し違った特徴のある個室もあります。

はい。女性フロアでは、扉の前にちょっとしたスペースがあるタイプの部屋がいくつかあって、ここで休憩をとることができるそうなんです。女性がうらやましい、という気もしますが、サウナ愛好家のもともとの男女比などもあって、他の施設では男性のほうが設備が充実している、なんていうことも少なくありませんからね……むしろ、こういう女性に優しい施設は、我々男にとっても、なんか嬉しいですね。室内は、男性用とまったく同じスペックです!

その休憩スぺ―スで上を見たら……クールダウン用のファンも付いていました!

◆絶対に「待ち」がなさそう! な、シャワー&水風呂エリア

続いて共用のシャワースペース、そして水風呂エリアを見てみましょう!

まずは……ハイ、きました! いただきました!! これです!

アチアチに蒸されて、この立ちシャワーで汗を流すんですが……この大口径のシャワーヘッドから一気に温水が降ってきます! ここで水冷ではないのがまた◎ですね。このあとの水風呂で一気にクッと冷やします。ホースつきのシャワーヘッドも付いてますので、利用者各自が好きなタイプを選べるのも嬉しい!

シャワーは男性フロアは6台、女性フロアは5台あるので……渋滞知らずです!

はい! お待ちかねの共用水風呂エリアです。陶製の壺タイプのバスタブ、2つが15℃の水で、1つはお湯の浴槽というのもありがたいです。いやいや、わかっていらっしゃいますね。

「個室サウナ」は、各フロアに最多でも8室です。水風呂の浴槽が2つあれば、滅多なことがない限りは“待ち”も発生しなさそう。

常に「ろ過機」から屋上にある「チラー」で冷やされて……という循環を繰り返しているので、水は常にフレッシュ&温度も常に一定のキンキン。はい、ここもサイコーですね。

◆好みで場所を選び放題! やさしい風の吹くととのいスペース

熱い、冷たいのあとは、休憩して「ととのい」を迎えますが、その休憩スペースもめちゃめちゃ充実していました!

はい。外気浴スペースが、各フロアに用意されています。ドアを開いて、外に出てみましょう。

室内に見えるかもしれませんが、「室外」です。絶妙に風が通り抜ける隙間&角度で目隠しがあつらえられているんですね。ここに、ととのい用のベンチやイスがセッティングされるとのこと。頭上にはファンがゆっくり回っています。通り抜けていく空気を体感”できるだけでなく、視覚的にも感じられる。う~ん。いいです!

広い廊下でも、シーリングファンがあちこちで回っています。察しのいい方はお気づきかもしれませんね。はい、その通り! このファンが回っているところにも、イスが置かれる予定。内気浴も存分に楽しむことができます。

冬は外が苦手という方もいらっしゃるかもしれませんし、選択肢が多彩なのは大歓迎ですよね。何より、イスの数が多いので……ととのい難民も発生しなさそう!

◆これをぜんぶ独り占め!「VIPサウナ」も最高!

続いて、サウナ室、水風呂、休憩スペースを独り占めできる「VIPサウナ」も、その全貌を拝見してきました!

引き戸を開くと、見えてきたのは……みんな大好きインフィニティチェア!

はい、そうです。ここでじっくり静かに内気浴ができるんですね。シーリングファンの風は、あなただけに吹いてきます。

左側の扉を開いてみましょう。

「没入するな」というのが無理でしょうね。すべてから解放されて、じっくり「個」になれる空間が広がっています。熱くて、キレイで、静かで……。心ゆくまで、自分の体をしっかりと温め、休めてあげてください。

限界がきて、サウナ室の扉を開けたら……もう目の前にあなた専用のシャワー&水風呂が!

予約の時間いっぱいまで……それまではすべてを忘れて、熱い、冷たい、気持ちいいを繰り返してしまいそうです!

いや、素晴らしい!最高です!! 現在、これらの設備を最高のコンディションにするべく連日、調整を繰り返して、すべての個室で「最適なセッティング」を探求しているそうです。また、昨今の世界的な資材不足や流通が困難になっているパーツの問題などの影響もあって、当初6月上旬を目指していたオープンが、少し延期され、7月15日になるとのことです! でも、それは私たちサウナ愛好家にとっては、望むところですよね? なにしろ「完璧なPint」が出来るんですから、いつまでだって待ててしまえそうです。

さて、実はこの「Pint」さん、“サウナを出た後のくつろぎ”用のスペースや、ワーキングスペースも充実しているのですが、今回はスペースの都合でお伝え出来ませんでした。次回、あらためてそのあたりをご紹介させていただきたいと思います!

SAUNA RESET Pint 浅草

開業予定:2022年7月15日
住所:東京都台東区浅草2-6-15
個室サウナ数:全29室(男性18室<VIPサウナ=3室>/女性11室<VIPサウナ=4室>)

撮影/田中健児