東京は墨田区・錦糸町。駅前には丸井錦糸町店や錦糸町PARCO、ショッピングビルが立ち並び、言わずと知れた名店「サウナ&カプセル ニューウイング」や、とにかく熱いサウナ室を求める常連さんやリピーターが多い「サウナ錦糸町(カプセルイン錦糸町)」、東京でも指折りクラスの名門施設「天然温泉 楽天地スパ」、少し歩けばワーキングスペースも充実している「両国湯屋江戸遊」もあります。そう、ここは有名サウナが集う街。そんな街で輝きを放っているのが、銭湯サウナの黄金湯です。

駅から、錦糸公園方面に。商業施設のオリナス錦糸町を過ぎるとほどなくして「黄金湯」の看板が見えてきます。黄金湯さんは、SAUNA BROS.vol.1、SAUNA BROS.vol.2でも取材をさせて頂いているのですが、先月、都内初の泊まれる銭湯「黄金湯お宿」がグランドオープンし、さらに「朝湯」もスタートしたということで、またまたお邪魔させていただきました!

では早速「黄金湯お宿」の宿泊施設がある2階へまいりましょう。黄金湯さんのお風呂・サウナに来ることはあっても、なかなか2階に上がる機会がないのでテンションがあがりますッ♪ お店に入って右手、券売機の裏に階段がありました。

こちらは土足のままでOK

明かり取りにもなっている窓の外にはちょうど黄金湯の看板が

階段に設置されたやさしいライティング。くつろぎを与えてくれます

2階に上がって扉を開けると左手前のドアが宿泊施設の洋室のお部屋です。ドアは厳重なカードロックになっていて、セキュリティも安心。「どうぞー」と店主・新保朋子さんに案内されて室内を見た途端、編集スタッフみんな「おぉぉぉぉ」と感嘆の声が出ました。なぜなら、スタイリッシュで、かっこいいんです。これが本当に銭湯の2階なの!?