◆唯一無二の体験…4つ星クオリティのサウナが爆誕

日本全国からさまざまなサウナのニューオープン情報が届く今日この頃。サウナ好きにとってはうれしい限りですが、そんな中、注目のニュースが届きました。全国に展開するホテルチェーン「カンデオホテルズ」が7月10日に熊本市に新たに「カンデオホテルズ熊本新市街」を開業。どうやら、その最上階にできるサウナがスゴイらしいのです。ということで――行ってきました! 熊本へ!!

サウナ好きの皆さんならご存じの方も多いと思いますが、「カンデオホテルズ」といえば……快適なサウナが併設されています。特に、ここ数年の間にオープンした店舗さんでは、サウナ専門施設にも引けを取らない、いや、それ以上かもしれないサウナが完備されています。

同チェーンのコンセプトは「世界で唯一の“4つ星ホテル”」。上質さと使いやすさを両立させ、今までのホテルにはなかった感動、唯一無二の体験を顧客に提供したい、という想いから、「サウナ」にも力を入れていらっしゃるというわけですね。

この「カンデオホテルズ熊本新市街」にも、その想いが存分に注ぎ込まれていました。

◆使いやすくてラグジュアリー。到着と同時に……ウキウキです

「うわっ、でかい!」。同チェーンの九州エリアでは最大規模でフラッグシップ施設となるとの事前情報は聞いていたのですが、建物の前まで行くと改めてその威容にビックリです。12階建てのこの複合ビル「TERRACE87」の核テナントとして3階~12階までがカンデオホテルズさんになるそう。客室数はなんと380室。そして最上階の12階に露天スペースを兼ね備えた巨大な浴室「スカイスパ」が設置されています。その露天エリアに、男女ともハイスペックなオートロウリュのサウナ室と、熊本の名水を使った水風呂があるというのですから。胸の高鳴りが止まりません。

キラキラのエントランスをくぐって、いざスカイスパへ! エレベーターに乗り込みます

12階に着いたら、フロントでチェックイン。宿泊利用もできますが、うれしいことに日帰りでのデイユースもできるそう。こちらで、カード型のキーをいただきます。

フロントがまた、ラグジュアリー。カミソリやボディタオル、ヘアブラシなどの「アメニティバー」もご覧のとおり。さらに期待が高まります……
男性浴室、女性浴室ともに、入口でこのカードキーを使って入室します

脱衣室も浴後のパウダーエリアも実に上質です。広々としてノンストレス。もちろんアメニティもドライヤーもきっちりスタンバイ!

◆いざ浴室&オートロウリュの快適サウナ室へ!

浴室へ足を踏み入れると、きれいに区分されたカランスペースと、その先に大きな窓から外光が入ってくる明るくて広い浴槽が。ボディソープ、シャンプー、コンディショナーはイタリア製の自然素材のもの。熊本の名水がちょうどいい水圧で噴き出すシャワーヘッドの使い心地もあいまって、実に快適に身を清められます。

広々として快適なカランスペース。やわらかなお湯にアメニティもハーブ系のいい香りで、この時点で超ゴキゲンです!

さて、いよいよサウナスペースへ向かいましょう。内湯スペースは屋根があるのですが、サウナ室、そして水風呂と外気浴エリアは露天スペースに設けられています。

露天スペースに出ると、さらに明るい! 風が心地よく入り込んできます。広いお湯の浴槽の向こうに、水風呂、そしてサウナ室が!

サウナ室の扉は2重。人の出入りで温度が下がってしまう、なんてことがありません!

ドキドキしながら、サウナ室にいざ入ってみると……うぉ~、いいですね。男性サウナ室、女性サウナ室ともフィンランド製のikiストーブがどど~んと鎮座。いい熱さが出迎えてくれます。ともに木製ながら、黒い壁とぬくもりを感じるナチュラルな色のベンチのコントラストの美しさには、思わずうっとり。そして目の前には大きな窓が設けられていて、熊本の空が見え、光がさんさんと入ってきます。

(写真上)男性サウナ室は定員16名で室温は80℃前後 (写真中)女性サウナ室は定員7名で75℃前後の室温。座面の幅広さがうれしいですね♪ ともにオートロウリュで、しっかり汗が出ます! 外が見える開放的なサウナ室、居心地よきです

この巨大なストーブには、男女ともに30分おきのオートロウリュが(毎時00分と30分)。かなり多めの水量が降り注ぎ、室内に熱い蒸気が行きわたり、一気に体感温度もアップ。発汗に一気に拍車がかかる瞬間……いや、サイコーです!

大量の水。しっかり発汗!

男女とも上段、下段でそれぞれ温度差があるので、上級者も初心者も……しっかり熱いのが好きな方、じっくり体を温めたい方など、それぞれ好みの位置で楽しめるのがポイントが高いですね。また、上段の背の部分や横の壁にもたれかかれる部材が取り付けられていたり、細かな気配りもうれしいところ。あ、なお、テレビなどはありません。真新しい木の良い香りと熱に包まれて、外の景色を眺めたり、目を閉じたり……静かに自分と向き合うことができるサウナ室です。

◆熊本の名水でクールダウン。天空でのととのい……最高です!!

しっかり汗をかいたら、いざ水風呂、そして外気浴へ! 男性サウナ室からも女性サウナ室からも、ほんの数歩で水温17~17・5℃に管理された水風呂が待っています。掛け水で、汗を流したら、さぁ、ざぶーんと入ってみてください。

阿蘇の名水……そう、熊本のやわらかで心地よい水が待っています! 写真上が女性浴室の水風呂、中が男性浴室の水風呂。しっかりと深さもあるので、めちゃめちゃ心地よく全身をクールダウン可

しっかり体を冷やし、鼓動をととのえたら、そのまま近くにあるととのいイスへ! 写真で分かるでしょうか、女性浴室からは、なんと熊本城を望むこともできます!

写真上が女性浴室の外気浴スペース。熊本城、見えちゃいます! 男性側もご覧の通り、ゆったりと休憩できますね(写真中)。見上げれば、そこには空が。風が心地よく肌をなでていきます。夜の雰囲気も最高です!

しっかり熱いサウナ室、やわらかで冷たく気持ち良い水風呂に、最高の休憩。時間の許す限り、心ゆくまでサウナを楽しめちゃいます。

◆そのままステイ&朝食が……おススメです!

サウナですっかりリフレッシュしたあと、さらにリラックスしてステイできる客室もまた使いやすく、優雅な空間です。全室、めちゃくちゃ寝心地の良いシモンズ製のベッドを導入。部屋の種類も、デスクを中央に配置した「ビジネスデスクダブル」や、シングルベッドが4台もある「デラックスフォース」、最上階の特別ルーム「プライベートスイート」「プライベートスパカンデオスイート」に至るまで、利用人数や、ファミリー層なのかビジネス利用なのかなどさまざまな用途に対応できるラインナップがスタンバイ。それぞれ、室内に小上がり状のソファもあり、エキストラベッドとしても利用できるのもうれしいですね。

ベッド数、間取りなど、さまざまな用途別、利用層別にくつろげる客室が用意されています。各部屋にある「小上がり」状のスペースは、ソファとしてもエキストラベッドとしても使用できて大人気(写真4枚目)。最上階の「プライベートスパカンデオスイート」には客室内に露天風呂も!

翌日の朝食もとても美味しいので、ぜひ食べていきたいところ。「カンデオホテルズ」では全国の店舗ごとに、その土地の名産、特産の素材を用いたご当地の味を朝食ビュッフェで楽しめるのですが…。

この「カンデオホテルズ熊本新市街」では、このあたりでは水炊きなどに用いられ、その美味しさや肉質の良さに定評のある日本最大級(なんと6キロもあります!)の地鶏「天草大王」を贅沢に使用したスープをはじめ、細かく刻んだ高菜のシャキシャキとした食感と味わいがたまらない「高菜めし」、季節の野菜と麺状に伸ばした団子が入った「だご汁」といった郷土の味を中心に、「だしカレー」や美味しい水を生かした豆腐など、朝にぴったりのヘルシー&腹持ちの良いおかず、汁物がズラリ。

だし茶漬けやもちろん焼き立てのクロワッサンなど、その日の好みに合わせたり、パン派の方も納得できる多彩な味で、朝から胃袋もととのえてくれます。

「だご汁」は味噌ベースとしょうゆベースの2種が日替わりで提供。どちらも美味! 「高菜めし」も、どんなおかずとの相性も良くて、気づくとおかわりしちゃっていました!
臭みがないのにジューシーな「天草大王」のだしを使ったガラスープは朝にぴったり。さまざまなトッピングも出来る「だし茶漬け」もとっても優しい味わい
旬の野菜をはじめ、さまざまな食材やお惣菜がズラリ。お好みでセレクトしておいしい「だしカレー」にトッピングするのも楽しいです!
クロワッサンなどのパンも、時間を逆算して焼き立てを提供。う~ん、つい欲張ってしまって、朝から満腹です(笑)

はい、ということで、つい駆け足になってしまいましたが、それだけレコメンドできるポイントが多いサウナホテルだった・・・ということなんですよね。

本当に快適なサウナ体験と宿泊ができてしまう「カンデオホテルズ熊本新市街」。ぜひ熊本に行った際には立ち寄り、体を休ませていただきたいスポットです。全国的に有名なサウナ施設も周囲に多く、「サウナをめぐる旅」で熊本に行きたかった……なんて人もきっといるはず。そんな「熊本サ旅」の拠点にもなるんじゃないでしょうか! ワーケーションにもピッタリかもしれません!

数量限定ですが、現在オリジナルの「カンデオサウナハット(くまモンver.)」を2色展開で販売も! 宿泊とセットになった「オリジナルサウナハットつき宿泊プラン」も開業記念として用意されています♪ 今治タオル生地だし、かわいいし・・・ほしいモン?

【カンデオホテルズ熊本新市街】
オープン日:2022年7月10日
住所:熊本県熊本市中央区新市街8-7
営業時間:<宿泊利用>チェックイン=後3:00~ チェックアウト=翌前11:00
※深2:00~6:00はサウナが利用できません
<日帰りビジター利用>[スタンダードパッケージ]後3:00~11:00  平日=1,400円、土日祝=1,600円
[朝湯パッケージ]前6:00~11:00  1,000円
※日帰りビジター利用は7月10日後3:00よりオープンになります