「週末フィンランド」「HAVE A GOOD SAUNA!」といった著作でもサウナの魅力を存分に伝えてくれた岩田リョウコさんが、またまたサウナ愛にあふれた新著を届けてくれました! 1月31日に発売された「ちょっとサウナ行ってきます こうあるべきを脱ぎ捨てて、明日がもっと軽くなる」は、サウナに入り始めたばかりのビギナーから、もうサウナの魅力にどっぷりハマってしまった人まで、すべてのサウナ好きに読んでほしい内容がぎっしり。

そんな岩田さんへのインタビュー。前編では、本書を書こうと思われた経緯や、サウナを好きになるきっかけともなる「ととのう」ことについてうかがいました。後編の今回も、引き続き、岩田さんにとっての「サウナの魅力」や「どんなサウナに行ってみたいか?」などをお聞きしたいと思います!
(最後にプレゼント情報があるので、見逃さないでくださいね!)

◆私の経験…失敗談もいろいろ書きました(笑)。

――岩田さんご自身、「ととのう」体験も経て、さらにサウナにハマってしまったということですが。

「はい。そこは皆さんも同じだと思うんですが(笑)、さらに大好きになって。ホントにいろいろなサウナに出かけました。経験したことのない感覚を求めて、いわゆる新規開拓だ~、みたいなことも繰り返していましたね」

――まさしく。同じです(笑)。ある施設さんでの誰かの体験とかを読んだり見たりしてしまうと、我慢できなくなってしまうんですよね…。「百聞は一見に如かず」ではないですけど、どうしても自分でも味わいたくなってしまって。

「分かります。今でこそ少し落ち着きましたけど(笑)、本当に毎日のように出かけていました。それで、いろいろな失敗もしましたし……」