俳優・宮城大樹さんに千葉・船橋の「カプセルホテル&サウナ ジートピア」さんの『王様コース』を体験いただくシリーズ。前回(#1)は、トリートメントを受ける前の「お出迎え」から、中温サウナとお風呂で軽く体をあたためていただいたところまでをお伝えしましたが……。いよいよ「アカスリ」コーナーへ!

<未読の方は前回記事(#1)もぜひお読みください>

トリートメント台に体を横たえた「王様」こと、宮城さん。施術を担当していただく石井陽子さんが、軽く肩や背中などに触れていきます。「お出迎え」の際に、体の調子などについて口頭でコミュニケーションをとられていましたが、実際に触ってみて、確認されているようです。

「では、始めますね」。

ひと通り、全身を軽くチェックした石井さんが手にしたのは、ピンク色のやわらかそうなナイロンタオルのようなもの。なんとなく「アカスリ」は両手にはめるグローブを使うイメージがありましたが……。

石井さん:「あのボディグローブって、韓国式のアカスリでよく使用されているんですが、わりとハードなんです。お湯とグローブでこするというやり方だと、特にアカスリに慣れていない方の中には痛く感じてしまう方もいると思うんですが、『ジートピア』では、この(下写真参照)ナイロン素材の布袋の中にタオルを1枚入れたものでアカスリを行います。“日本式”というか、ジートピア式というか(笑)。肌当たりがやわらかいこの素材とお湯でこすっていきます」

なるほど…宮城さん、いかがですか?

宮城さん:「すごくやさしい感じですね。これまで何回かアカスリはやったことがあって、たしかにその時は少しイタい感じもあったんですが、そういう感じは全然しないです」

でも……割ときちんと、アカが出てます!

石井さん:「はい、しっかり取れますよ。だいたい皆さん、体の前面よりも背中のほうがアカはとれますね。どうしてもご自分では洗いにくいというのもあるんでしょうね」

背中から、足先まで。まずは背面をこすっていきます。足裏やかかとなども念入りに。

宮城さん:「うぅ~、気持ちいいですね……」

石井さん:「宮城さんのかかと、とてもキレイですね。ただ、男性の中にはかかとが本当に真っ白に固い角質になってしまってる方もよくいらっしゃいます。そういう方も痛くならないようケアしながら、この時点で角質をとっていきます」

続いて……おっ!? 先ほど話に出たボディグローブが登場しました。あ、なるほど。ボディソープを使いながらグローブでもこすっていくんですね。

石井さん:「そうですね。ナイロン袋でこするだけじゃなく、ボディグローブでの洗いも、ソープを使いながらの形でやっていきます。これなら“イタい”とは感じないし、なおかつアカスリが好きな方でも物足りなさは覚えないと思います」

丁寧に、ソフトに。でも、しっかりと……。うーん、さすが「王様コース」!

そして、時折、グローブを外して、マッサージというか、押したりもんだり、ほぐしの動作も。肩甲骨、首のうしろ、腕、背中、腰、太もも、ふくらはぎ、土踏まずに足の指先まで……。

石井さん:「アカスリをしながら、リンパを流すような“もみほぐし”も随時行っていきます。『お出迎え』のときにうかがった、張りや凝りを感じているところをケアしていく感じですね」

宮城さん:「背中もですし、ももや足が本当に気持ちいいというか…軽くなってくるのが分かります。それに『痛くないですか』『ここ、どうですか』『寒くないですか』って常に声もかけてもらえるんで、“あ、ココいいな”っていう、自分のポイントも伝えやすいです」

石井さん:「宮城さんは、今日『腰がすこし張っているかな』っておっしゃっていたので、腰もそうですが、今日は足も重点的にケアしながら進めています。腰の不調って足とか下半身が大きく影響しているので」

宮城さん:「なんかポカポカしてきた気がしますね。あぁ、いいなぁ……」

ひじや手根(しゅこん=親指の付け根のあたりのグリグリした部位)、さらには親指をはじめとした指や手の平全体を駆使してのリンパを意識したケア。これはもはや、ただのアカスリではありませんね……。

この宮城さんの表情が、いろいろ物語っている気もしますが、なんとこのあと、さらに気持ちいいステップが待っていました。

「ハチミツ」を使ったトリートメント、そしてクレイ(泥)を使ったパックなのですが、宮城さんが…スベスベな、うる艶肌になります!

次回へ続きます)

撮影/佐藤佑一

●宮城大樹(みやぎ だいき)

1990年1月23日生まれ。神奈川県横浜市出身。空手家である父などの影響で6歳から空手を始め、その後、キックボクサーとして活躍。2013年にRISEバンタム級王者に。競技引退後、俳優に転身。映画やドラマなどで活躍中。

【カプセルホテル&サウナ ジートピア】
住所=千葉県船橋市本町5-18-1
電話=047-422-4141
営業時間=年中無休/24時間営業
料金=入浴料:1,300円(前4:00~深夜0:00、最長20時間)※深夜入浴(後10:00~深4:00入館)の際は4時間1,300円、ほか各種コースあり