初めてサウナ室内でアウフグースを練習する伊東平。一方、菜乃花は初めて、サウナ施設のレディースデーへと足を運ぶ。

とあるきっかけから、熱波師を目指すことになった伊東平。一方、謎のラジオ番組「ラジオ37」を偶然聞いたことからサウナに興味を持ち始めた菜乃花。「サウナぼっち。」は2人の視点からサウナや熱波師などの物語を紡ぐ。やがて2人の周囲の人間を巻き込んで……サウナを通じて絡み合う人間模様を描いたサウナドラマ。

五塔熱子のアウフグースを振り返りながら、伊東平は汗だくで何度も煽ぐ

伊東平は広島県の個室サウナ「サウナ海」で、アウフグースの練習に励む。

これまで学んだことを活かし、初めてサウナ室内でアウフグースにチャレンジする伊東。師匠である五塔熱子のアウフグースを思い出しながら何度も繰り返し扇ぐも、その難しさに苦戦する。

一方、サウナ初心者の菜乃花は、島根県「四季荘」のレディースデーへと足を運ぶ。初めて見るセパレート式のサウナ室に驚きつつも、湿度の高い室内でしっかりとあたたまる菜乃花。

サウナ室を出た菜乃花は、深さ約160センチで、10.5℃とキンキンの水風呂におそるおそる入る。一番深いところまで浸かり、これまでとはまた違う、頭まで冷やせる水風呂の気持ち良さに酔いしれる菜乃花。自然を前にした外気浴で、さらにととのっていくのだった。

サウナ室でのチャレンジで、アウフグースの難しさを改めて実感した伊東平。これまで以上にキンキンの水風呂と自然を前にした外気浴で、よりととのう感覚を知った菜乃花。物語も中盤を迎え、サウナの魅力に2人がさらに傾倒していく様子に注目だ。

「サウナぼっち。私とサウナと熱波師と」第6話(RCCテレビ)
11月2日(水)深0:40~0:55 ※放送翌日からTVerで見逃し配信あり