熊野古道沿いに構える1棟貸し宿「SEN.RETREAT TAKAHARA」に、フィンランド式サウナ「Kumanoko Sauna」が1月28日から新設される。

貸し宿「SEN.RETREAT TAKAHARA」のコンセプトは「リトリート」。「よみがえりの地」として古来より信仰を集めた熊野にあることから、「よみがえり」「魂を清める」という特徴をもとに、大自然の中でストレスをリセットし明日の自分を好きになる「リトリート」をコンセプトとして掲げている。

「Kumanoko Sauna」はそんな「SEN.RETREAT TAKAHARA」に新設されるサウナで、熊野古道をトレッキングしたあと、サウナと水風呂に入ってととのい、翌日、また古道の続きを歩くという‟究極のリトリート”を目指した空間だ。

薪割りや火入れも。セルフで楽しめるサウナ空間

「Kumanoko Sauna」はすでに温められている室内に入る一般的なサウナと異なり、薪割りや火入れなど温度や湿度の調整まで、自分でイチから好きに作りあげることが可能なフィンランド式サウナ。1組限定の貸し宿のため、サウナ室内で私語や寝転がることは禁止されておらず、自由に楽しむことができる。

薪ストーブの熱でじっくりとあたたまることができるサウナ室

サウナ室はあえてほの暗くしストーブの火を感じられるようにすることで、サウナ室の中で禅や瞑想と同じように、”火を眺め、無になる瞬間”を体験できるような空間としている。そのため、家族や仲間と一緒にいながらも、自分自身と対話する時間も味える。

また、サウナ室のすぐ横に露天の水風呂があるため、サウナ室から水風呂へスムーズに移動することも可能となっている。

水風呂には和歌山県名匠にも表彰された桶職人・松本濱次氏が手がけた桶を使用

大自然のもと、足を投げ出してととのえる外気浴スペース

1組限定の貸し宿なので、気兼ねなく家族や友人と自由に過ごすことができる。熊野古道の大自然に囲まれながら、より開放的な気分を味わうことができる特別な空間だ。

Kumanoko Sauna

■住所:和歌山県田辺市中辺路町高原1966 SEN.RETREAT TAKAHARA敷地内
紀勢自動車道「上富田IC」から車で40分
詳しくは「SEN.RETREAT TAKAHARA」公式サイトをご確認ください。